大根と太刀魚の料理☆南大門市場カルチジョリムストリートへgo!

スポンサーリンク


今回の南大門での食事は、
カルグクスではなく、
太刀魚ストリート(カルチジョリム)にいってきました。



カルチジョリムとは、
カルチ(タチウオ)と大根を辛く煮た、
韓国の素朴な家庭料理。

韓国ドラマなどを見てても、よく出てきてるので、
きっと皆さんも目にしたことがあるはず。

おばあちゃんが作ってくれる家庭の味イメージ。



日本でいうところの
孤独のグルメに出てきそうな裏路地。

綺麗なところでしか食事をしたことにない方には、
ちょっとカルチャーショックかも、ですが。
まさに韓国の市場の食堂。

トイレも個々のお店にはなく、
店外にある共同トイレを使います。

ここ、地方や遠方からもわざわざ食べにくる方が
いるほどの有名人気ストリートだそうですよ!。



座るとこちらが勝手に出てきます↑
右端は細い太刀魚のフライ。
ビールにあいそう。

ノリはいわゆる韓国ノリではなく、
味なしのもの。



これは初です。↓
おからをスープっぽくしたようなものらしい(韓国人の友人談)
あったまります。



太刀魚は身は薄いですが、
い~味が染みてて「うんま!」です。
(韓国でも太刀魚は高いです。
なので一人前の量はやや少なめ。
2切れです)







とにかくご飯が進む。

ケランチムも、寒い冬にはぴったり。
心がホワホワとあったまりますよ~。



この太刀魚。

ま~おいしいんですが、
骨が小さくて多いのが難点!

正直、小さなお子様には不向きです。
骨を上手に自分で取り除けないと思うし、
間違って飲み込んじゃうと喉に刺さります。

おいしい、痛い、おいしい、痛い
ってなっちゃいます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎。


なので、大人の皆さんに
おススメのお料理かな。



お会計はマッコリも飲んで28000Wほど。
大満足。

そりゃ、遠方からわざわざ来るわ!
と、納得のお味でした。

どのお店も変わらずおいしいそうですが、
ちょっと店内を覗いてお客さんが多い店に
入ると、ま、まずは間違いありません。

南大門に遊びに来た方は
ぜひ、行ってみて下さい~。
リアル韓国を感じる食堂です。

場所はソウルナビさんが分かりやすいので、
こちらのリンクをどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です