学校に行かずに韓国語会話を上達させる4つのポイント!

スポンサーリンク

今日は、ちょっと真面目なお話を。

わたくし、nenemomoですが
今まで50回ほど、韓国に行っています。
滞在期間は、短くて2日、長いと一週間でしょうか。
で。肝心の語学力はどんなもんかと申しますと…。

まず、食事・買い物・タクシー・ホテルは困りません。
ドラマも字幕なしでだいたい分かります。
韓国人の方とも、ある程度の会話ならついていけます。
タクシーに乗ると、運転手のアジョシと仲良く話せるレベルです。

もちろん、こんな私も、初回の韓国旅行では、
『イゴ・チュセヨ』すら分からなくて、言えなくて。
右往左往しまくってました。

そんな私が、
学校に行かずに会話が上達した手順としては

1★まずは、韓国ドラマをひたすら見まくる★

来る日も来る日も、韓国ドラマを見続けました。
見れない時は、作業をしながらドラマの音を流していました。
ひたすら韓国語を聞き続ける事が一番耳が慣れます。

最初は、何を言っているのか分からなかった台詞も
『あ、また、ケンチャナって聞こえた…ケンチャナってなんだろう?』
って、感じに”単語”が聞き取れてきます。

ドラマをお勧めする訳は、生活でよく使う言葉ばかりが出て来るからです。
ラジオや、ニュースだと、あまり生活で使わない言葉も多く含まれているので
あまりオススメではないです。私の会話も、ほぼドラマから覚えました。

私の友人には”ダルジャの春”を100回以上見て
それだけで、韓国語がある程度話せる様になったツワモノもいます。
同じものを見続ける、聞き続けると必ず自分の耳が変化してくるので続けてみてください。

===私も、ドラマだけで覚えますのよ〜と、お思いの貴方様は下記↓スルーで===

2★パンジョル表をトイレにはる★

ネットで拾った(ハングル表・パンジョル表・反切表)
<반절표・パンジョルピョ>を拡大コピーして、
トイレに貼ってました。

本気で覚える感じではなく、パズルを覚える感じで
ヒマな時に見てました。
ハングル語は、ぶっちゃけパズルみたいな成り立ちで出来ているので、
なんとなくゲーム感覚で覚えてみてください。
(これで、メニューや、お店の名前、駅の名前は読める様になりました)

3★語学本は1〜3冊購入★

『さ!勉強をはじめるぞ!』ってなると、
どうしても、語学本を大量買いしてしまう人が多いと思います。

本さえ買えば上達すると勘違いするのか
…気合いで買いまくる傾向にある様です。

実際、私もそうでした。20冊は買ったアホですヽ(*´∀`*)ノ
でも、2、3冊以外はほとんど見なかったです。
(さらっと目を通したほぼ新品のまま、ヤフオクで随分売りました。)

ちなみに、私がよかったのは、下記の2冊。
八田先生のハングルドリルと、ハングル練習帳です。

今も、時々見直しています。
笑えるコラムの様な文章が多いので、固くならずに韓国語がわかってきます。

内容が面白いので、ついつい読みたくなる学習本って、珍しいのでは?

フレンドリーな雰囲気が好きな方は、是非。
ドラマで、ある程度韓国語に耳が慣れてから、参考書を買うのをお勧めします。

また、旅行中に役立ったのは、
大道ですが、やっぱりダントツで、コレ。↓↓指差し会話帳です。

単語が大量に載っていますので、
ある程度韓国語の成り立ちが分かって来ると、
単語辞書の様に使え、さらに、この本の便利さが実感出来ると思います。
本気で勧めたい一冊です。

ダウンロード音声バージョンもあるそうなんですが、
気になった事をすぐに書き込める本が私はオススメです。

旅の指差し会話帳

(⇅my指差し本。もう、持ち歩きすぎてボロッボロw書き込みだらけです)

旅の指差し会話帳

4★習うより慣れろ。ゴチャゴチャ言わずに、韓国に行っちゃう★

もう、行っちゃって、むしろ、苦労してください!!(投げやり
ぶっちゃけ、これが一番早いです。
旅先で、話せなくて苦労した時程、その言葉が脳裏に焼き付きます。

わたしの、一番最初に上達した言葉&発音は
『ファジャンシィルオディエヨ?』です。
この発音は、もう、誰にも負けません( ー`дー´)キリッ.

旅行中は、いつも”指差し韓国語”を持ち歩き、
買い物や食事の間で、周りの人たちが話す韓国語で気になった単語や、文章を
カタカナで書き留めて、後で韓国人の友人に意味を聞いたりしていました。
(↑この学習方法は、今も続けています)

以上です。

こんな私も、話す韓国語は出来ても、
書く韓国語はまだまだですし、新聞などはスラスラは読めません。
これからは、書く方でも勉強していきたいなって思ってます。

また、その効果がでたら書きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です